PhotoIcon 9月182014
ちんちん焼

ちんちん焼

PhotoIcon 9月152014

(出典: ch15)

Reblogged from: もそーん / Post was created by: ch15 Reblog notes: 472 リアクション
PhotoIcon 11AM

(出典: ichigoocakeu)

Reblogged from: No Life Queen / Post was created by: ichigoocakeu Reblog notes: 1,506 リアクション
PhotoIcon 2AM
dempagumi-inc:

Dempagumi.inc to perform at MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2014!
INFO:
Venue: Tokyo Metropolitan Gymnasium 
Date & Time: Sunday, September 2014, OPEN 12PM / START 1PM Areas: KAWAii!! STAGE / JAPAN BEAUTY AREA / POP CULTURE AREA / JAPAN FOOD FESTIVAL / OUTDOOR STAGE and more!!! 
Admission: advance tickets 3,500 (includes tax and one food ticket) 
*If you are not a Japanese citizen, you’ll be able to get in for FREE simply by showing a VIP ticket (which you can find in several locations in Tokyo) and your passport or alien registration card! *More information will be announced on the official website of the event.
General tickets are now available via Ticket Pia, Lawson Ticket and e plus. http://fes14.moshimoshi-nippon.jp/

dempagumi-inc:

Dempagumi.inc to perform at MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2014!

INFO:

  • Venue: Tokyo Metropolitan Gymnasium
  • Date & Time: Sunday, September 2014, OPEN 12PM / START 1PM Areas: KAWAii!! STAGE / JAPAN BEAUTY AREA / POP CULTURE AREA / JAPAN FOOD FESTIVAL / OUTDOOR STAGE and more!!!
  • Admission: advance tickets 3,500 (includes tax and one food ticket)
  • *If you are not a Japanese citizen, you’ll be able to get in for FREE simply by showing a VIP ticket (which you can find in several locations in Tokyo) and your passport or alien registration card! *More information will be announced on the official website of the event.
  • General tickets are now available via Ticket Pia, Lawson Ticket and e plus. http://fes14.moshimoshi-nippon.jp/

Reblogged from: Dempa! / Post was created by: dempagumi-inc Reblog notes: 4 リアクション
PhotoIcon 9月142014

(出典: lawebloca)

Reblogged from: (^ω^)やる夫のチラ裏やるお(^ω^) / Post was created by: lawebloca Reblog notes: 1,947 リアクション
PhotoIcon 4PM

(出典: twitter.com)

Reblogged from: no title / Post was created by: japanesefashionlovers Reblog notes: 148 リアクション
PhotoIcon 4PM
QuoteIcon 9月132014
“許せないのは、満員電車はちょっと工夫すればもっと緩和できるのに、本気でそれに協力しようとする会社がほとんどないことだ。結局、大半の会社の始業時間が8:30から9:30に集中しているから通勤ラッシュが起こるわけで、ほとんどの会社が始業時間にもっと融通を利かせれば、ここまで酷い状態にはならないだろう。前にも書いたように、必然性が無い限り、始業時間なんて廃止してしまったほうが、生産性も上がっていいはずだ。 通勤ラッシュ時に駅が混雑するのは、行楽地やイベントで駅や電車が混むのとは質的に大きく異なる。行楽地やイベントは、みんな行きたいから行っている。混雑は、まぁ折り込み済みということになる。しかし、会社はどうだろうか。みんなが自発的に、8:30に出社したくて混雑が形成されいてるわけではないだろう。会社に出社時間までに来るように強制されて、やむを得ず、本当は行きたくないのだけれど、渋々通勤しているのだ。不健全この上ない。”
満員電車のような非人道的な乗り物が許容される社会はおかしい - 脱社畜ブログ (via mcsgsym)
Reblogged from: TEXT / Post was created by: yuichibass Reblog notes: 502 リアクション
PhotoIcon 9月122014
Reblogged from: Shingeki no Jaegermeister / Post was created by: kodomocum Reblog notes: 6,386 リアクション
VideoIcon 9月102014

highlandvalley:

解答

Reblogged from: weird, wired / Post was created by: highlandvalley Reblog notes: 1,938 リアクション
QuoteIcon 9月82014

グーグルのフェローで、システムズ・インフラストラクチャー・グループに所属するジェフ・ディーンは、神経回路網(ニューラル・ネットワーク)をつくり上げるプロジェクトに取りかかった。それは、神経回路網に“自己学習”をさせることにより、タグ付けのされていない大量の画像から、例えば顔だけを選び出させる試みである。そのアルゴリズムを構成するのは、多数のコンピューターをつなぐことで作成される膨大な数の“神経単位(ニューロン)”だ。ここでいうニューロンとは“訓練可能な要素”のことで、それを10億個も集めたわけだが、それでも人間の大脳視中枢を構成するニューロンの数からみれば比較にならないほど少ない。「個々のニューロンが観察するのは(サンプル画像群の)ごく狭い断片です」と、ディーンが説明してくれる。「個々のニューロンは画像のピクセル群をそのまま情報として取り込んで、その解釈に取り組みます」。

歯切れのよいディーンの説明がいったん止まる。ひと息ついてから、またよどみなく喋り始める。「新生児と同じ経験をさせるわけですよ。生まれたての赤ん坊は視覚から多くの刺激を受け、やがて目に映るもののパターンに着目するようになります。新生児が最もよく目にするものが何かといえば、それは、ひとつには人の顔です。赤ん坊はすぐに、これはしょっちゅう見ているもの、だからこれは重要なもの、と関連づけて考えるようになります」。

そんなディーンの言葉通りに、Googleは“赤ん坊”役のコンピューター群に、YouTube動画からランダムに選んだ1,000万点の静止画像を見せることをした。その結果判明したのは、ニューロン群のなかに、顔が映っているかどうかを顕著な選択基準にし始めたものがあることだ。「訓練用画像データに顔写真が含まれているなんて、コンピューターたちにはひと言も説明していないのにですよ」という。ディーンがノートパソコンを開いて画像をいくつか見せてくれる。眼窩が空洞になっている幽霊の顔だ。「これらの画像には、とても激しく反応してくれましたよ。問題のニューロンは、2つの目、口、鼻、そして丸っこい輪郭を、顔の要素として着目しているのです」。そのようにしていくつものチェックポイントを設定することで、神経回路網は観察したものをよりよく認識できるようになっていった。

ニューロン群がよく認識するようになったものがもうひとつある。ネコである(猫を認識できるGoogleの巨大頭脳:日本版記事)。YouTubeにはネコの映像が多数含まれているからだ。ニューロン群が拠って立つ論理を通訳すると、ネコは多くの映像に出てくる。ということは、どうやら重要であるようだ。だからネコを認識できるように、われわれは自らを最適化したほうがよさそうだ、となろうか。それは、ひと言で言えば検索だ。ディーンの言う“自己学習”を、自己検索と言い換えてもいい。つまり、機械が何かを見つけるだけでなく、見つけた何かの解釈もするのだ。要するに、アルゴリズムを自らつくり上げる検索エンジンだ。

さらにディーンは、言葉に対しても同じことができないかと考えている。つまり、言葉を多次元のヴェクトルで表現するということだ。具体的には、“イルカ”というような言葉が、百次元空間に投げ込まれることになる。「いずれは、近縁関係にある言葉同士をぐっと近づけて、無関係な言葉同士をいっそう遠ざけるような仕組みができるでしょう」。つまり、一群の言葉がほかの言葉とどれだけ近い関係にあるかということを、文脈や関連度を判断する際の手助けにできるようになるというのだ。


未来の検索は「言葉」を超える:Googleのナレッジグラフ Page5 « WIRED.jp (via yaruo)
Reblogged from: (^ω^)やる夫のチラ裏やるお(^ω^) / Post was created by: yaruo Reblog notes: 104 リアクション
Box 1 of 205